ひじのかさかさ夏までに治そう

banner 服を着ているからあまり気にならないかもしれないけど、空気が乾燥していたりエアコンなど暖房機器を長時間あたっているとどうしてもひじがかさかさしていませんか? 冬の季節はまだ長袖を着ているから人に気付かれないけど、半袖になる前にこのひじのかさかさ治しましょう。 ひじのかさかさもあしのかかと同じで、古い角質が固まって、服を着脱する際の摩擦によってかさかさになっているのです。

ですから、入浴タイムの時に古い角質を取り除き、その後しっかり保湿してしまえばいいわけです。 保湿効果がある入浴剤が入ったお風呂にゆっくりつかって硬くなった角質を柔らかくしましょう。 それから、手の平か柔らかい布で優しくこすって角質を取りましょう。

でも、柔らかくなっていない状態の時やナイロンタオルなどでゴシゴシこすってしまうとかえって逆効果。 強い刺激を与えることになるので、皮膚をもっと硬くさせてしまいますよ。 入浴後すぐに保湿効果があるボディークリームなどをたっぷり塗って保湿してあげましょう。 冬の季節から毎日はじめるときっと春先までには綺麗なひじになるはずです。

注目コンテンツ

寝る時にも乾燥には気をつけよう

記事をみる

どうして唇がひび割れるの?

記事をみる

唇が荒れやすいタイプってどんな人?

記事をみる

Copyright(c) 乾燥しやすい冬は毎日のスキンケアを忘れない. All Rights Reserved.